メインコンテンツへスキップ

【インナーケア】サプリはゼリータイプがおすすめ!メリット・デメリットは? | Kind Plants

【インナーケア】サプリはゼリータイプがおすすめ!メリット・デメリットは? | Kind Plants

インナーケアにサプリを活用!ゼリータイプのメリット・デメリットについて

インナーケアにサプリを活用したい場合、どのタイプを選ぶかがポイントです。

ゼリータイプは人気が高く、メリットとデメリットを理解しておくことで、目的やニーズなどに合わせて商品を選びやすくなります。

ゼリータイプのメリット

インナーケアの一環として、サプリでの栄養補給を行う方も多いのではないでしょうか。サプリの形状にはカプセルタイプ・タブレットタイプ・粉末タイプなどがあり、中でもゼリー(ジュレ)タイプは、飲みやすさなどの観点から幅広い年齢層の方に好まれています。こちらでは、ゼリータイプのメリットとデメリットについて解説いたします。


飲みやすさ

ゼリータイプのサプリは、特に飲みやすさが注目されます。一般的なサプリに比べて喉に引っかかりにくく、食感によって飲み込む際の違和感を軽減します。サプリは継続して摂取することが重要になるため、ゼリー状ならではの滑らかさと飲みやすさが続けやすい環境を提供してくれます。

吸収されやすい

ゼリータイプは、体内で吸収されやすい点もメリットの一つです。例えば、タブレットタイプのサプリは分解・吸収されるまで、ある程度の時間を要します。一方のゼリータイプは特性上、溶けやすく消化しやすいことから、栄養素の供給が早まります。
ただし、吸収されやすいからといって大量に摂取するのはNGです。適切な量を適切な頻度で摂取することが大切なポイントです。

おやつ感覚で摂取できる

ゼリータイプは水なしでも手軽に食べられます。持ち運びに便利なスティック型やパウチ型などがあり、小腹が空いたときや外出先でもサッと食べられるため、楽しく続けられます。美容に対する意識を持つと同時に、美味しく摂取できるというメリットがゼリータイプのサプリにはあります。

満腹感が得られる

ゼリータイプは食べ応えがあるため、満腹感を得やすい点もメリットといえます。噛む行為が消化活動を促し、満腹中枢を刺激することが理由です。そのため、ゼリータイプのサプリは間食を減らす助けになると、ダイエット面でも注目を集めています。
美容成分などが溶け込んだサプリもあり、インナーケアを効率的に行えるでしょう。

ゼリータイプのデメリット

様々なメリットがある一方、ゼリータイプのデメリットについても押さえておくことが重要です。

保存期間が短い

ゼリータイプのサプリは、固形タイプと比べて温度や湿度の影響を受けやすく、保存期間が短くなりがちです。高温になることでゼリーが溶けたり、製品の品質を低下させたりするかもしれません。直射日光が当たる場所や高温多湿になりやすい場所などを避け、冷暗所での保存がおすすめです。また、開封後は早めに摂取することも大切なポイントといえます。

価格が高い場合がある

ゼリータイプのサプリは成型や保存性を考慮した包装など、製造プロセスが複雑というケースも少なくありません。そのプロセスが最終的な販売価格に反映され、一般的なサプリよりも価格が高くなる傾向も見られます。ただし、価格面だけで選ぶのはおすすめできません。サプリに含まれる成分や利便性などを十分に考慮したうえで、自分自身のニーズに合う商品かどうかを判断しましょう。

一度に摂取する量が増えやすい

ゼリータイプはカプセルタイプやタブレットタイプなどに比べて、液体量が多いことが特徴です。そのため、一度に摂取する量が多くなりやすいというデメリットが存在します。

例えば、ビタミンCの1日の推奨摂取量は、成人では約100mgです。ゼリータイプのサプリを使用する場合、この量を摂取するには複数個を食べなければならないこともあります。他の栄養素にも当てはまり、一度に摂取する栄養素の量が多くなると、それに伴ってゼリーの数も増えてしまいます。また、液体を大量に摂取すると、消化器官に負担をかけてしまうかもしれません。

手軽に摂取しやすいからこそ、ゼリータイプのサプリは適量を心がけることが重要です。

飲みやすいゼリータイプのサプリを取り入れるなら!

ゼリータイプのサプリには、メリットだけでなくデメリットも存在します。それぞれを総合的に判断したうえで、自分のライフスタイルなどに合うものを選ぶことがポイントです。

Kind Plantsでは、インナーケアを考えている方に向けて「うるおい贅沢美容ゼリー」をご提供しています。セラミド・GABA・乳酸菌を配合したゼリーは、ほのかな酸味と甘みが感じられるザクロ味です。おやつ感覚で手軽に食べられる、ぷるぷる食感のゼリーをぜひお試しください。